blog
2020/1/10
2020/1/7
2020/1/17
2020/1/26
2020/2/6
2020/3/6
2020/3/14
2020/5/3
2020/5/16
2020/6/25
2020/8/28
2020/8/2
News!
Concept
Now lineup
Shop
Privacy policy
Blog
Collection
美術館が休館のため観に行けていない展覧会~part1 2020/5/3 『オラファー・エリアソン 時に川は橋となる』展 ※東京都現代美術館で開催予定となっていたこの展覧会は 現在延期となっています。 オラファー・エリアソン(1967~)はアートを介した サステナブルな世界の実現に向けた試みで、 国際的に高い評価を得てきました。 「私はベルリンの太陽の光を日本に持ってきました。 私の手の中にあるのは小さな発電所なのです。」 アートをエコロジーの視点で見直すこと/ オラファー・エリアソン講演会(2019)↓
https://www.youtube.com/watch?v=_fLkRUZnyJ8&feature=youtu.be
エリアソンは1990年代初めから、写真、彫刻、ドローイング、インスタレーション、デザイン、建築など、多岐にわたる表現活動を展開してきました。 今回の展覧会では自然現象を再構築したインスタレーション、光と幾何学に対する長年の関心が反映された彫刻、 写真のシリーズ、ドローイングと水彩画、公共空間への介入をめぐる作品等が展示される予定です。 幼少期に多くの時間を過ごしたアイスランドの自然現象を、 長年にわたり撮影してきました。 《溶ける氷河のシリーズ 1999/2019》(2019年)は、 過去20年間の氷河の後退を鑑賞者に体感。
olafur_eliasson_「溶ける氷河のシリーズ」 また、最初期の代表作として、暗闇の中に虹が現れる 《ビューティー》(1993年)をご紹介。 アトリウムの吹き抜け空間では、大規模なインスタレーションが本展のために制作されました。
olafur_eliasson_「ビューティ」 今回見逃すといつ観られるかわからない貴重な展覧会。中止にだけはならないように願うばかりです。
olafur_eliasson_「人間を超えた青いレゾネーター」
copylight GAMO all rights reserved.
GAMO+AOW